Member
Marlon Sexton
1999年3月30日 オースティン出身 

Deven Ivy
1998年7月19日 オースティン出身 

Hunter Pierce
1996年7月6日生れ シアトル出身 

Colton Kincaid
1997年12月25日 シカゴ出身 

Matt Erlandson
1998年1月13日 シカゴ出身 

The SHOOKSは、Marlon Sextonを中心にオースティンで結成された5人組。現在のメンバーでのデビュー・ライヴは2018年のSXSWだった。
Marlonが自身のバンドとしてレコーディングを始めたのは2016年に遡る。彼はHunter Sharpe率いるHunter Sharp Bandのギタリストとして活動しながら、The SHOOKSとしての方向性を見つけ出していた。

Hunter Sharpe BandとしてSXSWなどに出演し、ライヴ、レコーディング活動を続けてきたが、 Marlon自身バンドとしての将来性に疑問を抱き始め、Hunter Sharpe Bandのリズムセクション、Hunter PierceとColton Kincaidとともに、The SHOOKSとしての活動に専念することを決めた。その後昔からの友人であったDevonが参加し、2017年12月14日オースティンのライヴハウス、バラクーダで初ライヴを行った。その後同じく友人であったMattが加入し、現在のラインナップになった。

Marlonの父親が、現在Bob DylanバンドのギタリストであるCharlie Sextonであることをご存知の方は多いだろう。Marlonのルックスは、17歳の時に「Beats So Lonely」でデビューした父親に瓜二つである。Marlonは、10歳の時に、実家の地下室にあった両親のレコード箱からThe Strokesのアルバム「Room On Fire」を見つけ、彼らのシンプルなロック・サウンドに魅了され、音楽を始めた。そして12歳で真剣にギターと向き合うことになるが、もともとはベースを弾いていたという。「David Bowieは最も影響を受けたアーティスト。他にはSPOON、The Psychedelic Furs、POND、Blur、The Killsを聴いていた。今はThe Rolling Stonesを良く聴いているんだ」とのことだ。

The SHOOKSのサウンドは、Marlonがよく聴くアーティストにそのまま影響されているといっていい。どこか80年代のUKオルタナティヴ・サウンドを彷彿とさせる。「サイケデリックとオルタナティヴの中間ぐらいに位置しているんじゃないかな。アルバムには多様な曲が入っているから、ひと言で言い表すことはできない。ロックンロールがあったり、サイケデリックとオルタナティヴのミックスや、ファンクの要素があったり。僕たちのサウンドはなんて呼んだらいいんだろうか?」とMarlon。

2020年は、The SHOOKSにとってデビュー・アルバムを引っさげてのワールド・ワイド・デビューの年となる。アルバムから飛び出すエネルギッシュなサウンドへの期待は膨らむばかりだ。

「音楽業界は難しい世界だから、気をつけるように」という父親のアドバイスがあったようだが、荒々しさと、若さをもって、良い意味で音楽業界の中で大暴れして欲しい。





▲TOP page

(c)2010 Reflex Co., Ltd. All rights Reserved.